ホビヲの四百文字

400文字くらいの文章を書きます。

四半世紀もの間、どうしてネットで作文なんかしてるのか

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」 街中でAOLを配っててもらって帰って世界と繋がる。あれから四半世紀、インターネットでたくさん作文してきた。 ジオシティーズ、さるさる日記、MovableType、mixi、JUGEM、Blogger、WordPress、はてな…

音声入力だけでブログが更新できない、たった一つの理由

歩きながら音声入力に挑戦。スマホ片手に、音声で手軽に入力。やってみると早いんだけど、なかなか習慣づかない。こんなふうに早くしゃべってもちゃんと入力できる。本当に不思議。iPhone 6の時は全然駄目だったが、iPhone SEツーにしてから音声入力の精度が…

自転車で持ち帰ると、寿司が寿司でなくなってしまう

今週のお題は「寿司」とのことで、それについて書く。 コロナ禍の中、月に一度ほどの頻度で寿司を買いに行っている。かつては店内で寿司を楽しんでいたのだが、そうもいかず持ち帰りしているのだ。車は持っていないので、自転車で。 では、寿司を自転車でお…

江上茂雄展に行ってきて思った、たったひとつのこと

江上茂雄展に行ってきた。 2万点もの作品を遺したアマチュア画家、江上茂雄氏。小学生で絵の才能を認められるも12歳で父を亡くし、家族を養うため、絵の道には進まずに就職。日曜作家として創作活動に勤しんだ。 画材は小学生の頃からクレパス・クレヨンのま…

子供と一緒に「十回クイズ」をしたら意外と楽しかった

子供が「十回クイズ」を出してきた。楽しかったので、やりとりを共有する。 「『ピザ』って十回言ってみて」 「わかった。ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ、ピザ」 「(ひじを指差し)じゃあ、ここは?」 「ピザ」 「そんなバカな。宅…

もし100万円があったなら、やってみたいことがある

今週のお題「100万円あったら」 二千円札500枚に両替して、毎週末お気に入りの喫茶店へ通ってその支払いに使い、二千円札の人と陰で呼ばれたい。 ブックオフで立派なハードカバーを購入し、中身をカッターでくり抜いてそこに100万円の束を隠して本棚に並べた…

かつてない、ホビヲならではのレビューブログをはじめたい

多くのブロガーが、ハイレベルなレビュー記事を書いている。新規参入して勝ち筋はあるのだろうか。 書くべきことは、だいたい決まっているはずだ。 何を買ったか、商品スペックはどうか、画像でみるとどうか、使用感はどうか、メリットとデメリット、誰かに…

2021年6月 プライムデーでかなりの散財をしてしまった

たしかに初日は冷静だったはずだ。 「カートに入れて一晩考えよう。本当に必要なのか、明日の朝起きて自分に問うてたしかめよう」 そう決めて布団に入ったのだ。 事態が急変したのは一日目のお昼頃。Amazonからカート内の商品が売り切れたと連絡があってから…

「あつ森」は、思っていたほど平和なゲームではないらしい

「お父さん、島から出ていってくれないか」 神妙な面持ちの子供。確認すると「あつまれ!どうぶつの森」の話だった。島の格付けが行われる際、必要なのは立派な建物や整備された街並みで、私のテントが邪魔らしい。ここ最近まったくプレイしておらず、みすぼ…

鬼滅の刃マンチョコがどこにも売っていないので、DIYした

「お父さん、ここにもなかったね」 もう何軒目だろうか。子供と二人でお店をはしごして、鬼滅の刃マンチョコを探すもどこにも売っていない。念のため店員さんに聞いてみる。 「すいません。もう入ってこないのですよ。たくさん買っていく人がいて、すぐにな…

「大人の珈琲」を、今は亡き親父のために淹れた話

親父が亡くなり7回目の夏、淹れたての珈琲をお供えした。 生前聞いたことがある。 「どうして何も入れないの?」 「大人になったらブラックなんだ」 即答だった。 癌を患い余命わずかとなった親父。ホスピスで二人きりになったとき、ひとつのお願いをされた…

30年前の花博、親父と二人でずっとテトリスをしていた

30年前、大阪で開催された花博(花と緑の博覧会)に親父と二人で行った。会場は大混雑で、話題のパビリオンには長蛇の列ができていた。 当時の記憶はかなり朧げ。しかし、親父と二人で行列に並び、テトリスをプレイしたことを強烈に覚えている。 当時、遊ん…

「鬼滅の刃」の高額なジャポニカ学習帳を買って学んだこと

コンビニに立ち寄ると、鬼滅の刃グッズのコーナーが設けられていた。 目を引いたのは小さなジャポニカ学習帳。鬼滅の刃のキャラクターがノートの裏表に描かれ、3冊がセットになっている。絵柄はAとBの2パターンだった。 300円くらいかなと思いながら、Aパタ…

マンション住まい、子供の下の歯はどこに投げたらいいのか

「昔は、上の歯が抜けたら縁の下へ、下の歯が抜けたら屋根の上に投げたんだよ」 そんな話をしていたら、子供がいう。 「昔の家の屋根は、歯だらけだったんじゃないか」 たしかにそうかもしれない。一学年100万人いるとする。抜ける下の歯は一人10本。単純計…

子供に「おまえ」と言われ、叱ったら反撃にあってしまった

夕食での出来事だった。 「おまえさぁ、(サラダを指さし)それとってくれない?」 すごくナチュラルに子供が言った。 急な出来事でたじろいだ。 ここはしっかり叱らなければ。 「親に向かっておまえとはなんだ。おまえは不良じゃないだろう」 即座に反撃。 …