ホビヲの四百文字

400文字くらいの文章を書きます。

30年前の花博、親父と二人でずっとテトリスをしていた

30年前、大阪で開催された花博(花と緑の博覧会)に親父と二人で行った。会場は大混雑で、話題のパビリオンには長蛇の列ができていた。

当時の記憶はかなり朧げ。しかし、親父と二人で行列に並び、テトリスをプレイしたことを強烈に覚えている。

当時、遊んでいたのは四角くて頑丈なゲームボーイ。液晶はもちろん白黒、電池で動き、今考えると笑ってしまうスペックだ。テトリスは終わったら交代するルール。親子の間で忖度はなく、双方自滅するまで本気でプレイした。

とにかく黙って待つ。親父はなかなか自滅せず、子供である自分はずっと見上げて思っていた。「まだかなあ、まだかなあ」と。

時は過ぎ、親父はもういない。そして、自分には子供ができた。

2025年に大阪で万博が開催されるという。その時はゲーム機を二台用意しよう。親子で対戦できるゲームをチョイスしよう。子供にとって、それが心に残る思い出となるよう願いながら。